様々な介護を行う特別養護老人ホームの介護の業務内容

特別養護老人ホームとその仕事とは?

介護施設の中に特別養護老人ホームがあります。入居からターミナルまで高齢者の介護をしてくれる施設です。少子高齢化という事もあり現在は、数年先まで予約が一杯という程人気になっています。そして、その特別養護老人ホームの仕事は、高齢者を朝から晩までスタッフが一丸となって支えるです。大抵の特別養護老人ホームの場合、朝昼夜と三交代制を採用しており、24時間高齢者の介護が出来るような体制が整っているのが特徴でもあります。

実際にはどんな仕事をするの?

そして具体的な仕事内容ですが、要介護度も1~5まで様々な入居者がいますので、それに合わせた介護をそこでは行います。例えば要介護度が高い方の場合は、起床ケアなども必要です。朝ベッドから車椅子へ移動してもらい、洗顔をしたりひげを剃ったりと言った事を介護者が行うのです。その他に食事介助・入浴介助・排泄介助など、入居者がそこで生活をするために必要な介助を全て行います。その為、介護業界の仕事の中でも特別養護老人ホームは、総合的な介護の技術や力が必要になってくると言えるでしょう。

勉強会への参加や雑務も!

日々進化している介護技術や、その環境に対応するため特別養護老人ホームで働く方は、その勉強会に参加するのも仕事としてあります。特別養護老人ホームの中には、外部から講師をまねき社員の技術力向上に勤めている所も多いです。また、特別養護老人ホームは複数の高齢者が生活する場で、そこではオムツなども大量に利用する事も多く、そのオムツの在庫管理や発注なども仕事の一つとしてあります。これから特別養護老人ホームに就職する予定の方は、介護だけでなく、雑務もあると覚えて起きましょう。

少子高齢化社会となり、介護に就職する枠は増加してきている事情があります。高齢化社会となり、介護の力は非常に高く求められる職業となっています。