出産後にお仕事に復帰!意外と大変な家事とは!?

赤ちゃん連れでの買い物

今までは、お仕事帰りにスーパーに寄って買い物をして帰るという、いたって普通のことが難しくなります。子どもと一緒にスーパーに行けば、色々とねだられたり、ぐずられたり・・・夕方、スーパーが込む時間帯だと、レジで並んでいる僅かな時間も子どもにとっては退屈で仕方がない時間です。重い荷物を持ち、子どもを抱っこしながら家に入るのもかなりの重労働です。パパが休みの時に子どもを見てもらって、一週間まとめ買いをしたり、ネットスーパーを利用すると、かなり楽になるでしょう。

洗濯物は、まとめて洗おう

洗濯物はある程度まとめて洗うようにすると、洗濯物をしない日には時間にゆとりができます。この時間を他の家事に利用するのが良いでしょう。下着やタオルなどは少し多目にもっておき、洗濯物を2~3日しても困らないように工夫しておくと安心です。洗濯をする日だけ少し早く起きる、洗濯する曜日を決めておく、といったようにすると一週間の家事の流れや分担もしやすくなります。夜に洗濯機を回して、朝は干すだけといった工夫も時短になります。

料理は、材料をまとめて切ろう

家族の健康を考えると、バランスのとれた食事をとるのが一番です。毎日、料理をするのは大変ですが、できるだけ頑張りたい家事のひとつではないでしょうか。その日作ることだけを考えるのではなく、次の日の献立のことを頭に入れて料理の準備をするだけで、効率が上がります。例えば、1個のキャベツを1日目はサラダ、2日目は野菜炒め、3日目はお味噌汁に使うと決め、1日目に2日目、3日目に使用するようキャベツを切っておきます。こうすることで料理にかける時間を短くすることができます。売られているカット野菜なども利用すると良いでしょう。

主婦のパートからスタートして、その能力が認められ、会社の経営幹部にまで上り詰めることも珍しくはありません。女性の社会進出の成功例として世間の注目を浴びています。