求人と求職とのマッチングを行う労働市場の今後のあり方とは?

求人と求職とで成り立つ労働市場というもの

求人というものは、雇う側から言えば求人ですが、その求人に応じてくる側から言えば求職、となります。そして、その求職がかなえられれば職に就くことになるので、就職となるわけですね。この求人と求職とで成り立っているものを労働市場と言うわけですが、その国の産業・経済が活況を呈するためには、この労働市場に活気があることも、その大きな条件となっているのです。そのためには、求める人材と求める職との間のミスマッチをいかに少なくして、求人と求職とを上手くマッチさせて行くのか、といったことが欠かせないのですが。

求人と求職との間のコーディネートが必要

労働市場が活気を呈するためには、求める人材と求める職との間のミスマッチをなくして、求人と求職とを上手くマッチさせる、ということが不可欠となります。しかし実際には、このマッチングは簡単ではなく、とかく求人と求職との間にはズレが生じてしまいやすいものなのです。では、このマッチングを上手くやって行くにはどうすればいいのか、といえば、有能なコーディネーターが求人側と求職側との間を仲介して、互いの条件が上手く合うようにコーディネートすることなのです。

終身雇用制の社会から雇用関係も自由契約の社会へ

終身雇用制という固定的な雇用関係が当り前であった社会から、転職するのも当り前、という雇用関係においても自由契約的なあり方へと社会も変わってきています。こうした社会においては、労働市場というものがますます重要さを増してきますし、そこでは求人側と求職者側との仲介を行うコーディネーターという役割が、非常に重要なものとなってきます。このコーディネーターは、不動産物件の取引仲介を行う不動産業者と良く似たもの、とも言うことができますね。

ネットワークエンジニアは、ネットワークインフラの設計や構築を運用管理をするのが仕事で、どの作業もある程度スキルが要求されます。