何よりも考えたい問題!バイト先の人間関係に注目する

バイト先の人間関係を形成する要素

人がバイトに求める要素は、時給や通勤時間など多様です。一方どのような人でも人間関係の良いバイト先でなければ長く勤務し続ける事はできません。一つのバイト先で長期に渡って働きたい場合、必ず人間関係に気を付けましょう。もしも販売員やカフェなどで働きたい場合、面接を受ける前にお店の雰囲気を確認しに行く事が大切です。また一つのバイト先の人間関係はその職種によっても左右されます。肉体労働系のバイトであれば危険性が高い場合もありますから、指導者と新人の上下関係が厳しい事もあります。自分に合う人間関係があるバイト先を探しましょう。

バイト先の男女比率を考える

少しでも自分にとって良い人間関係の構築されているバイト先に就職したい場合、男女比率を調べる事も大切です。一般的に人間は異性よりも同性に対して敵対心を燃やすものですから、バイト先の人間関係で嫌な思いをしたくない場合「異性」の多い職場を選びましょう。またどのような年齢層の人達が働いているのか調べる事も大切です。同年代が多い場合友達も増えますが、一方で馬の合わない人が居た場合露骨にぶつかり合ってしまう事もあるでしょう。逆に親ほど年の離れた人が多いバイト先に入ればさほど陰湿な対応は受けません。

一から始める事も大切

もしもできるだけ人間関係の構築されていないバイト先で働きたい場合、オープニングバイトを探すようにしましょう。オープニングバイトであれば先輩も後輩もありませんので新人だからと言って除け者にされずに済みます。また全ての人が一から仕事を覚えるため、人と自分の能力の違いに悩む事もないのです。何よりオープニングスタッフは上司である社員から大事にしてもらえますので、先々入って来る新人より有利な立場に立ちたい場合、こうしたバイト先に飛び込みましょう。

販売の求人は様々な業種で出されていますが、繁華街に近い立地の店舗は人の出入りが激しいことから業務も多忙になる傾向があります。そのため、勤務実態について事前に確認することが大切です。